奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

丹沢で目にしたのは「ナラ枯れ」

日曜の丹沢で二俣の直前に目にしたのが、木の周りの保護。気になって調べたら、「ナラ枯れ」と言うそうな。神奈川県では、2017年に初めて発生というか、確認されたとのこと。関東で結構被害が広まってるらしい。(林野庁の全国規模の統計では、被害は減ってる感じだけど。)

 

ナラ枯れ被害:林野庁

 

関東の山々に出向いた時は、少し注意つうことで、、、。

以下は日曜での写真。

f:id:honda-jimusyo:20201004131934j:plain



f:id:honda-jimusyo:20201004132051j:plain

 

丹沢 新型コロナのせいで超久々 大倉尾根を金冷やしまで

今日は山系の体力回復を狙って、丹沢へ。踏み台昇降のトレーニングのつもりで、大倉尾根へ。塔ノ岳を目指すも、金冷やしまで。下山は小丸尾根経由とした。

短めなのは、今日でなくても良かったんだけど、2,3日中に片付けたい用事で早めの下山にしたのも理由だけど、やっぱ体力がまだ無理と言ってる感じでリタイヤに近かった。

 

行きも帰りも電車は座れて、1人おきといった混み具合。ちなみに、海老名まで/海老名からを相鉄利用。大倉からのバスは8:55分。混むかなと思ったら、大倉からはもう1人の登山客のみ。ただし、帰りの大倉からのバスは14:38分で、それは席が全部埋まって10人位立ちん棒。

帰りのバスは大声の人もいなくて神経質になる必要も無かったけど、やっぱ座席の取っ手とかで間接的に触れちゃう。駅とかで消毒液のある箇所とかを知ってるわけでもなく、直感的に触れた瞬間「しまった」。トイレとかで水洗いすればいいだろうけし、そこまで考えること無いけど、携帯の消毒グッズは持ってた方が無難かなと。

 

蛇足:電車で海老名とか過ぎたら、田んぼの稲が結構色付いてた。鶴巻温泉駅へあと少し辺りの田んぼとか見てたら「高山謝罪しろ」との大きな看板がいくつも。なんだろうとスマホで検索したけど、決定的な情報はすぐに見当たらず。丹沢方向への電車自体が久しぶりだったわけだけど、世の中色んなことあるもんだ~とふと。

 

天気予報は関東は当初曇りだったけど、朝起きたら、自宅辺りで小雨。朝のデータ放送天気予報は自宅あたりは曇りマークなのに降ってる状況。秦野もあと1,2時間は雨だけど、その曇りで、秦野の雨を避けるようにスタートしたつもり。自宅からは傘無しの駅までにしたけど、時々の小雨をフードで対応する感じ。大倉へのバスが時々ワイパー動かしてて、雨続いたらと少し不安にも。

 

でも大倉着いた時には、雨は止んでくれて、ほっ。登山情報センターというか情報コーナー見てみたら、通行止めが多い。というか去年とかで見たときから直さないままのが多くて、このまま限りなく廃道? 主ルートは通れるものの、ちょっとマイナーな所の多くが通行止め。宮ヶ瀬から中津川沿いの車道も、川上の車道や、そこからの登山道もこの前から通行止めのまま。

で、小丸尾根経由の下山のつもりだったので、大倉近辺の詳細図で西山林道を見てみたら、林道を横切り格好で②の注意。通行止めなのかと、②の情報の細部情報や、広域図を見たら、県民の森からの橋が通行止め。詳細図も広域図と同じく、県民の森の方に②が位置する書き方にしたら良いのにと、内心ブツブツ。

 

大倉尾根は、足慣らしというか体力測定みたいなもんだったので、朝食は少し大目程度だったけど、持参したのがジェル1つ程度。あと小ボトルの水を準備してたのに、リュックに入れるのを忘れてたという失態。他には、小タオルをリュックにぶら下げるつもりだったけど、それもフック等を忘れ。

それらは、まっ、小さなトラブルだったけど、大倉で雨で石とか滑りやすいかもとストック準備。そしたら、ストックの片方が、伸ばしてもフックが出てこない。登山開始時のトラブルで(自宅でチェックしとくべきだったかもも含めて)結構ショックに近かった。仕方ないから、片方は全部伸ばして、トラブルの方は伸ばせるところまでにして、両手を使う時は左手で持つようにした。

この錆の件、昨年に片方で見つけて錆止めスプレーした。その時は、夏場の汗とかでだろうけど、こんな所に錆びる部品じゃないだろうにと、ちとプンプン。もう片方にも十分錆止め塗ったり、時々道具チェックすべきだったかも。新型コロナのせいで登山禁止状態が続いたので、チェックなり手にする機会が無かった。その意味では、新型コロナが元凶かもで、○○とか○○○にも、ちとプンプン。

軽くて便利だし、(さほど大きくは無いけど)冬の雪用の装着しやすいバスケットとかも買ってて、結構重宝してる/重宝しそうなので、改良なり次商品時には設計変更して欲しい。ブラックダイヤモンド ディスタンスカーボン FLZ。  

(追記:直近機種=2018年モデルだとそこの部分って、キャップみたいなカバーがついてる。ショップ行った時にでも、金属種とかを含めて確認してみるつもり。)

 

大倉スタートから、コンスタントに登るようにして、時々走る程度。上りだったので、石とかの滑りやすさは、時々注意はあったものの、大きく気にはならなかった。富士山は見えないし、紅葉には程遠いから、余り休憩は取らず。多少汗をかくな~とは思ったものの、立山直前の階段で、ガクッと来た。シャリバテと太腿筋肉痛。特に後者は、ブランクが長かったからだけど、こんな所で来ちゃったか~と少しショック。まっ、昨日の水泳がキック練習主体で、昨日の夜から足の疲労感はあったんだけど、、。

 

ということで、そこからは休み休みの歩き。ガレ場辺りで、2,3日中に片付けたい用事を今日のうちにとか、そのためには塔ノ岳は天気の良い次回にとか思うようになった。金冷やし直前で、前の人達が道譲ろうかなの気配だったけど、「どうぞ、もう今日は鍋割山方向なので」と返事。

 

鍋割山への道は、ある意味意外なことに時々人。人混み避けようとの作戦の人たちなのか?? その人達を過ごしたら、静かな秋風情みたいな気持ちになるはずだったけど、時々奇声。その人達だったのか、別の大倉尾根の方からだったのか「やっほ~」の声も。そこそこ段数の階段前で、自分の後ろ20m位だったので、こちらは途中で立ち止まって5人グループに先に行ってもらった。通り過ぎる時に背中を向けて。その後も、そのグループを追い越さないようにゆっくり。過度かもしれないけど、これも感染予防の1つ。

 

小丸尾根への道は、すぐに家族連れに遭遇。湘南方向が見えはするけど、くっきり感は皆無。くだりのしばらくの間に2,3グループとすれ違って、あれっ人気あるのかな~と。でも、その後は人は皆無。

下りで、少し走ろうとしたけど、太腿ズキンズキン。木の根の所も注意しながらだったけど、足首にも少し傷みが。この辺りも久しぶりのせいかな~と。

時々休む格好で下ってて、小休止したたら、人の気配。トレイルランナーが、サーッとというか、ピョンピョン駆けてった。石や木の根のところは、ヒョイヒョイ。こちらは、会釈程度で、ため息。

 

小丸尾根関連は、直近では伐採工事のために、鍋割山へ迂回したのが最後だと思う。中腹辺りから、やたらと折れ曲がったり、「あれっこんな道あったけ?」と思うところあったけど、伐採工事関連で登山道を変えた感じ。

以前古木なども含めてうっそうとした部分があったけど、林道化されてしまって、ちと残念。仕方ないんだろうけど、砂利道になってそれも風情が少なくなった気がした。

以前大きな岩で狭い道のところがあったけど、そこも林道化。その時気付いたけど、上りでは前の登山道との分岐がそこ。なお、上りはロープとか標識で新しい道が分かりやすいけど、下り時の分岐箇所はロープなどが分かりにくい。踏み跡で分かるといえばそうだけど、落ち葉とか雪のこと考えると、少し分かりやすくした方が良いと思う。登山情報センターなどで道迷いしやすいから注意と書いてあって、伐採工事前でもそれに近かったとは思うけど、伐採工事での新道との絡みもある気がして少し改善して欲しい気がした。(新しい道には、30m位離れた所に標識があるけど、そんなお金があるなら、分岐での注意に使えば良かったのに、、、と。)

 

二股が近づくにつれ、今回いくつか目に付いたのが、大きな木の根の近い所になんか巻いてある。最初単独で見たときには、この先行き止まりみたいな表示かと思った。どうやらカシノキの害虫予防みたい。花粉症で杉とか伐採しても、(今回のカシノキでの)害虫対策などは必要で、林野庁なり林業や自然保護って大変だな~と。

 

二俣では、顔洗ったり、ストックしまったり、、、。小休止。

 

大倉への西山林道は、なるべく走るようにと思ったけど、所々小走り。まっ仕方なし。途中での林業などで使うモノレール。新しくて、なんだろうと思ったら、送電線線の工事のためのものと判明。土への杭が、しっかり打ち付けてるというよりも、足場のように置くようにできるタイプのように見えた。こういった工事でも効率化のために色々工夫してるんだな~と、少し勉強になった。

 

大倉では、さっと着替えてバスのならびに。リュックの整理でマスクの取り出しとかがパッとできずに、不慣れなんだな~とかで苦笑。ほんとはバスの発車時刻を少し勘違いして、早めに並んだことになった。

 

大倉というか戸川公園の駐車場って、自転車のコーナーもあるんだけど、丁度小道からのところに止めてるアシスト自転車。後で、ワンちゃんカゴへの若い女性と判明。バスの並びの後ろの方では、床に腰下ろした若いグループ。並びの直前の男性は、ロータリー側じゃなくて、ずっとこっちを向いたまま。なんか、小さいことだけど、ついつい気になる人達多い、、、。ここしばらくは、週末の特に天気のいい日の山へは、場所や交通ルートなどを考えた上でが良いな~と思った次第。

 

帰宅後、ストックへ錆止めをと思って、2回ほど伸ばしたらバネでフックが飛び出てくれた。ある意味ラッキー。少し拭いて、錆止め塗布。念のために両ストックに施した。

 

 

    

 ストックと雪用のバスケット。上のストックは新しいタイプ。(上のバスケットの説明読むと、古いタイプの自分のには取り付けられないように読み取れて、確認せねば、、。)

 

 

距離は、18.39kmとしておく。コースタイムは以下。

大倉 0  (09:30~)
金冷やし 2:14:11   7.76km
小丸分岐  0:19:27 1.13km

二俣 1:19:39 4.51km  (5分休憩)

大倉 0:50:36 5.00km

 

 

 写真の一部とフォトサイトのURLを以下に示す。

f:id:honda-jimusyo:20201004091614j:plain

f:id:honda-jimusyo:20201004114045j:plain

 

公開奔車20201004 - honda-jimusyo's fotolife

 

 

 追記:電車から見えた、謝罪しろの複数の大きな看板。やはり、どうやら、政治というか、不満を含む行政関連。伊勢原市の(9月下旬の)市長選挙のニュースで、その苗字を目にした。

 

 

追記:ブラックダイヤモンドのストックと雪用のバスケットの件。ブラックダイヤモンド ディスタンスカーボン FLZの、自分の古いタイプには取り付けられないとわかった。雪用バスケットのための溝がない。

雪用のバスケットを買おうか注意してみた時に、取り付けられるタイプの年代くらいしか書いてなくて、自分の買ったストックが結構直近で新型と勘違いしてた可能性大。店員さんに確認したかが不確かだけど、こういった類を扱ってるショップが少なくて、近場で売ってなかったらと考えて思い切って購入したのかも。

このバスケットはそもそも小さくて、ちょっとした積雪では自分の持ってる別のさらに古いブラックダイヤモンドのストックを利用している。バスケットの交換が面倒で、そのさらに古いタイプを積雪時用に、ディスタンスカーボン FLZは積雪以外での利用としてるのも背景。

f:id:honda-jimusyo:20201011131943j:plain



 

ブロンコビリー 2020秋サラダは健康志向かな

今日はブロンコビリーへ。先週、秋サラダに変わる予定と聞いてたので、どんなのになるか興味あって。

www.bronco.co.jp

サラダバーの上の方に大型ディスプレイがあって、産地の表示やそのシーズンのサラダの紹介が映し出される。今回のサラダの紹介では、抗酸化作用やビタミンの記述など、ちょっと健康志向な解説になってた。

 

f:id:honda-jimusyo:20200925145602j:plain

右のが、ケール+イチジク。自分は、ブロンコビリーの季節サラダには、ドレッシングかけないことが多い。時々ドレッシングかけた方が良さそうに思うのがあって、ケール+イチジクはそうだった。

左のがカボチャで、ディスプレイなどで”種”も含まれると出てたけど、自分の皿に盛り付けてたのには見つからなかった。(カボチャの種って、中性脂肪対策などに良いと聞いて、昔ちょっと食した。)

 

f:id:honda-jimusyo:20200925152021j:plain

上の方に位置するのは豆腐+食用菊。夏サラダの時点でも1,2回食した。

夏サラダが余りに印象的だったので、秋サラダは無難なり上手くまとめられないかもと思ってたけど、健康志向を含めて個人的に好印象。何度か食したいと思う。

蛇足:全然別の関係/機会に、定食などお店の料理の塩分をつらつらと調査。とある中華屋チェーンでは、単品と定食とで塩分が結構違う。次から単品+ライスにしようかなと思った次第。
で、その際に調べた限りでは、ブロンコビリーは塩分等を公表して無いみたい。少し残念だけど、ここ1,2ヶ月、塩っぽく感じる事が何度か。自分はハンバーグが中心で、こちらの舌の感度の関係かもしれないけど。そんなことが少し頭にあって、次回はハンバーグのソースは少なめにしようかなと思ってる。

 

背泳ぎ レーンに他の人がいても泳げるようになった

ここ1週間ほどのスイムの練習で、なんだか背泳ぎが50mとか100m泳げるようになった。「あれっ、そう言えば、レーンに他の人がいたりしたらクロールに変えてたのに、、、」と、練習の成果なのかな~と考えるようになった。ちょっとした泳力の人達とのレッスンの際も、迷惑を気にしてて早めにクロールに変えてたが、どうにか泳ぎきれた。

 

考えてみたら、以下あたりが効果的だったのかも。

1.左端というかコースロープに近いかの判断を、コースロープを見る方法から(少し顎を引いて)足の位置の時々チェックへ。

2.片手プルブイ泳を集中練習(特に左手片手)。

3.フィニッシュで太腿を積極的に擦る感じにしてたけど、意識的に離すようにしてフィニッシュ。

 

1番目のは2,3ヶ月くらい前に、コーチというかレッスン講師から教わったもの。よく本とかで背泳ぎでもコースロープを見るべきと書いてあるけど、ローリングと息継ぎの関係でどうも上手く行かないと相談したもの。左手でストロークする時に左側を見ようとすると、顔に水がかかるし蛇行が酷くなる。助言を聞いて「あっ、そうか~」状態。

 

習ったのが3月くらい前だったのに、何ですぐに向上しなかった?と少し疑問になったけど、新型コロナでスポーツジムがお休み。そのせいで、背泳ぎ練習にブランクが起きたため。

 

おかげ?で、レーンに人がいない時は背泳ぎのクイックターンでのターンも、以前よりはスムーズにできるようになった。上手く行かない場合に、先生や人に聞いてあっさり解決の典型だったと言える。

 

なお色んな人が練習するので、立ち止まりそうな人や蛇行の凄い人、バタフライなど幅が必要な練習の人の時はまだ注意だけど、見慣れたメンバーだと練習パターンも分かるので長めの距離の背泳ぎなどにもチャレンジしていきたいと思う。

プロテイン探し

一昨日と昨日は、近くのドラッグストアやスーパーに出向いて、プロテインアミノ酸を物色。

 

スポーツジムでの知り合いとのちょっとした会話で、中高年になると関節痛や筋肉痛が長引くよね~と。実はここ1年近く、ちょっとしたジョギングやスポーツジムでの運動でも、太腿を主として筋肉痛を感じることが多くなった。走ってる途中でもだし、その後もなかなか傷みが取れない。オンライン同窓会でスポーツやってる人に聞いたけど、そんなことは無いと。

 

今までマラソン大会や1日中のトレランで、アミノ酸とかを摂取する時はあった。けど、身近なトレーニングではさほど疲労や筋肉痛がなくて不要と思ってた。が、それらが必要なのかな~と、最近は時々アミノ酸を摂取。やはり中高年での老化というか筋肉の回復力が低下してるのかもと思うようになった。ちょうど膝の痛みでここ2,3年コラーゲンとかを摂取するようになったのと似てるのかもと。

 

で、ふとアミノ酸は即効性が高いだろうけど、プロテインたんぱく質の摂取も影響するのかな~と思うようになった。プロテインはさほど熱心でもなかったが、2,3年前に一時期自宅で摂取。その時は回復力に関して大きな効果を感じなかったけど、その後筋肉回復力衰えなどが関係して最近の痛感になってるのかもしれない。

 

そこで改めてプロテインなどを近所のお店で物色。味の素などからも新しい製品が発売されてて、結構カラフルになってた。結構アスリート?に評判の高い「MUSASHI」とかを売ってるお店もあった。結構驚いたのは、スーパーのイオン内ドラッグストアで「シニアプロテイン」と書かれた商品を見た時。プロテインでよくある大きな袋のパウダーで、2タイプあって片方はコラーゲンか何かの成分が入ってるタイプ。テレビとかでコラーゲンやヒアルロン酸の通販コマーシャルが流れてるけど、運動するシニアでプロテインとかも必要と感じてる人が少なくないのだろう。

 

で、結局自分の場合、スポーツジムのスイム練習直後のプロテインが主目的だったので、ジェルタイプを買ってみた。他のトライアルのをいくつか。

 

f:id:honda-jimusyo:20200903095148j:plain

 

なお、トライアルのは一昨日辺りに実際に試してみたけど、そのまま口に入れて水を含んで飲もうとしてみた。ちょっと玉になって、違和感。グルテンみたいな感じに近かったかな。説明にも書かれてるように、水などでシェークすべきと痛感。今日、アミノ酸入れたボトル持参の際の終了時に、アミノ酸を飲み干した後のボトルでシェーク。普通にプロテイン。水や牛乳でシェークの方がよい。またジェルタイプもお試し。

 

やはり、プールでのトレーニングのプロテイン摂取としては、自分の場合はジェルタイプの方が良さそう。粉末だとその後の水洗いなどが自宅でのそれと手間は変わらない。また、容器洗いがちょっと面倒なのと個人的には暖めた方が(バニラやココア味は特に)美味しく感じる。プールではその辺りがちょっと難点で、しかも新型コロナ騒動の関係で、ジムの水道とか冷水器の利用で結構制限が出てて、積極的になれなかった。

 

タブレットタイプがアミノバイタルにあって少し興味が沸いたけど、トライアル版とかあれば別だけどちょっと未知数で今回は断念。大きな粉末タイプの購入も考えたけど、実は最近「豆乳」を摂取するようになった(調整→無調整タイプに)。どれくらい効果あるのかちゃんと調べてないが、豆乳にコルステロールを下げる効果もあるようで、そちらの効果も期待してである。そうなると、牛乳などを含めて似た飲料の摂取が続く気がして、粉末も今回断念。

 

結局、プールでの運動では従来と同じようにアミノ酸摂取、気になりそうな日にプロテインジェル持参に落ち着いた。(以前粉末タイプのトレラン後などでの利用を考えなかったわけじゃないけど、粉末とボトル持参が少しでも軽量したい立場としてはネックだった。トレラン直後にもジェルタイプなら利用できそうである。)

 

今回調べたら、プロテインアミノ酸、牛乳、たんぱく質そのものの摂取のメリット、ディメリットなどが書かれてるサイトがチラホラあった。が、定説みたいな記述よりも、各商品の広告というかメリットの方に重きがあって、中高年のトレーニング回復など各自の状況での参考度が低く感じた。トレーニングと言っても色んなスポーツがあるし、逆に歩キングのように日常生活に近い運動もある。なので、ガッテン!のような健康番組というかバラエティ番組で取り上げてくれると良いな~とか思った。述べた「シニアプロテイン」みたいなのもあるので、摂取を検討したほうが良いとか、○○と一緒の摂取が良いといった情報も参考になるのにと感じた。

 

横浜国際プールで、背泳ぎスタート練習

今日は横浜国際プールへ。以前から、背泳ぎのスタート(飛び込み)を本格的なプールで確認したいと思っていたことと、ちょうど外出ルートの寄り道で行きやすかったため。

f:id:honda-jimusyo:20200823214614j:plain

50mプールの方も実際は利用できたみたいだけど、今回は飛び込みレーンのあるサブプールのみ。浅いプールでのウォームアップ後は、ずっと飛び込みレーン。練習の本数的には、2/3は背泳ぎで、残りがクロールとバタ。

 

以前にスポーツジムでの貸し切りレーン飛び込み練習があって、2回ほど参加。その時に1,2回背泳ぎもやってみた。その後、ジムで人のいない時にプールの縁を掴んでの飛び込み(もどき)を練習。最初、前よりはましになるかなと思ったけど、プールのタイルが滑りやすい。特に青い部分。こんなに滑ったっけ?と思うほど。

 

滑りは白い部分だとそうでもなかったけど、思い描いてたイメージよりも高く飛べてない。まだまだだな~と反省して帰路へ。

 

ちなみに、ネットでも知ってたけど、新型コロナの影響でジャグジーなどは使用禁止。詳しく見れば分かったかもしれないが、行ってちょっと驚いたのは、浅いプールでの人数制限。また、水着の乾燥機やドライヤー(上の方に取り付けてあってボタン操作のタイプ)も使用中止だったのにはちょっと驚き。

 

実は新型コロナの影響で、近所の隣市のプールは屋外が使用禁止。しかも市民在住のみということで、屋内プールも利用できない状況。時々行く2つの市とも。そんなこともあって、公営プールの利用自体が半年振りくらい。熱烈祈、新型コロナ退散てな感じ。

 

帰宅してから思い出したけど、今回の練習で足の位置を相当上にして見る練習やってなかった。足を水面より出す位置など。まっ、上の方へ飛び出す感じや体の反りがまだまだなので、それらをもう少し向上させてから、飛び込みレーンで再度チャレンジしてみるつもり。

 

なお、夜のニュース系番組では、東京都での水泳大会を伝えてた。あごの方にヒゲを伸ばした北島康介さんなども登場してた。以前のニュースで飛び込み台のプレートの操作の度に手を消毒するとか知ってたけど、実際子供達の消毒の様子を目にした。かわいそうな気もするけど、操作の後に顔とか触らないような注意にすれば済みそうなのにとか思った。その他の映像では、レース後は特定の所でクーリングダウンして、その後マスクして応援席などへ。(実は、11月に自分が参加予定の大会があって、今回のそれらは踏襲されるのかな~とは思ってる。)

 

飛び込みもだけど、他の選手の練習とかを見ると、やはり刺激になる。新型コロナの関係で、そう度々出向けないとは思うけど、機会あったら背泳ぎ飛び込み含めてまた行こうと思う。

登山ボトル ナルゲン いつの間にか6個に

ここ、2、3年重宝してるのが、登山ボトルでの「ナルゲン」(nalgene)。数年前から登山ショップで目にしてたけど、その頃はトレラン向けに小さくて折りたたんだり曲げる事ができるタイプを探してて、ナルゲンの性能とかを見てなかった。保温系はテルモスを持ってるし、、、。

 

(あまりに暑くて)夏場のボトルとして、ペットボトルよりも少し大容量が良いかなとお試し的にナルゲン1個買って良く良く見たら、ボトルの耐熱100℃。早い話、沸騰したお湯を入れる事ができる。煎じて飲むタイプのお茶を3,4種類利用してるけど、普通のボトルとかは少し冷ます必要がある。ヤカンに入れたまま放置することになるんだけど、ちょっと忘れて時間がたつと雑味が酷くなってるケースを何度か体験。その解消になると、ナルゲンの大きな1リットルも買って利用することにした。煎じるタイプって、1パック1に対して水1リットルというのが多くて、容量的に丁度良い。

 

他に、アミノ酸系のパウダー。具体的にはアミノバリュー。性能的に大丈夫か調べて無いけど、クエン酸を少し混ぜて、冷蔵庫で数時間とか1晩。ジムに持ってくのには、小さな容量(400ml)に小分けして持参している。

 

そして今年は、ミネラル麦茶の方が健康に良いと聞いて、それにも利用することにした。水の中にパックを浸して冷蔵庫で2時間ほど放置して置く。実は、2時間ほどの方を忘れる事が時々起きた。最近はその対策として、スマホのアラームを設定。時刻と、麦茶だの種類も記述できるので重宝した。いろんな色があるので、区別しやすいのも良い。(なお、お茶の種類で色を固定するには至ってない。お茶の種類が多いのが理由で、前もって書き込んだプレートみたいなのをぶら下げるようにして使い分けようかなと思っている次第。)

 

そうこうしてて、合計6種類持ってると判明。今回写真を撮った。なお、左端のは、登山ショップのロゴ入りタイプ。

 

f:id:honda-jimusyo:20200814161818j:plain

 

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.