奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

プロレスラー三沢選手死亡

今日の朝、何気なくテレビ見てたら、「三沢光晴さん死亡」の文字。徳光アナウンサーとかがしゃべったり、サムライTVの画像とかが出ていた。「えっ~~」。

 

プールとかその前に短い距離のサイクリングの予定だったけど、急遽近くのコンビニへ。スポーツ紙を求める。

 

プールから帰って、スポーツ新聞見たけど、TV以上の情報は特になし。ちょっと気になったのは、試合当初から少し様子がおかしかったようなニュアンスのことを言った観客がいたとか。明日とかの新聞を読んでみるつもり。

 

ちなみに、夕方になって日経新聞を見たけど、そちらにも記事になってた。どうやらNHKのニュースにも出たみたい。

 

f:id:honda-jimusyo:20090614205858j:plain写真は、馬場さん、ジャンボ鶴田、そして三沢選手の死亡記事を並べたもの。

 

実は、TV見たときから、「今度は三沢さんかよ~」。

 

プロレス観戦は、ほとんど(昔の)全日本。その、馬場さん、ジャンボ鶴田、そして三沢選手が死ぬんだもん。馬場さんや、ジャンボの時は、入院とか病気のことが言われていた。今度の三沢選手の件は、あまりにも急で、しかもリングでの事故。

 

三沢選手は、対ジャンボとの抗争もあって、心底応援してたかというと嘘になるけど、、、。それでも、彼と越中選手が前座での評判の試合だったりした頃に、それを見たくて観戦に行ったことがある。また、彼がタイガーマスクとなって帰国した田園コロシアムの試合も見に行った。

 

全日本が分解してからは、余りプロレス観戦そのものにも行かず。それが、プロレスラーSUWAさんと自分が同郷とわかり、SUWAさんを応援に登龍門を観戦に。SUWAさんがNOAHに参戦することで、NOAHの方も観戦することになった。

 

 

奇しくも、死亡記事のジャンボの写真に、バックドロップを受ける三沢選手の写真もあった。ジャンボのバックドロップをかいくぐってきた三沢選手が、こんな事になるとは、、、。記憶が定かじゃないけど、ジャンボとの試合で、バックドロップの後、1カウント位後でエルボーで反撃したことあったように思う。そんなタフさの印象の強かった三沢選手だったのに。

 

最近は、CS放送(G+)でのプロレスクラシックで、ジャンボも含め昔の試合が見れる。1月くらい前が、三沢選手特集だったと思う。地上波でのNAOH中継が無くなったけど、CS放送で見れられる。一長一短。地上波放送の中止は痛かったのかもしれない。

 

 

それにしても、馬場さん、ジャンボ鶴田、そして三沢選手の死亡。残念だよな~。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.