奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

ポストイット入れ

永らく、バッグにポストイットを入れるには、どうしようかと悩んでいた。電車とかで本を読んでる際に、上手く付箋をつけたいため。

 

普通の大きさのポストイットは、そもそも文庫本などと比べると大きすぎて、印字部分にかかってしまう。また、小さい方が良いけど、探す際のガサゴソで束が切り離されてしまうことが気がかりだ。普通の大きさのポストイットでも、結構ばらばらになってしまう。

 

貼って剥がせるシールがあり、100円ショップとかでもいろんな種類がある。実は先週試したけど、紙が薄い場合は、剥がすときにちょっと神経使うのでNGに。

 

f:id:honda-jimusyo:20101014220527j:plain先週から試しているのが、小さなポストイットと、プラケースの小物入れの組み合わせ。後者は、100円ショップで見かけた。ケースの上の部分がスライドする。そのため、ポストイットの取り出しなどが便利。

 

ちなみに、コクヨの方からも小さなポストイット(商品名「タックメモ」)が出ており、最初はそれで実験した。なおプラケースの方は、ダイソーで購入したけど、近くでのダイソーで置いているのは1店のみ。また、小さなポストイットの方も、何処の文房具屋(本屋)にも置いてあるわけでもない。なので、昨日プラケースを、今日は小さなポストイット(3M)を2つくらい買いだめ。

 

ちょっと嬉しい、2,3日になった。

 

 

ちなみに、箱に入った、普通の大きさのちょっとファンシーなタイプを見つけた。ただし、試したけど、やはりシール部分が少し大き目。

 

他に、付箋テープという、ロールタイプの付箋紙がある。ただし、近くの店で買えそうなのは、結構幅がありバッグでかさばるために断念。なお、ネット上で、狭い幅のを見つけたけど、そちらの実物を見て検討したい。でも、どう考えてもテープ部分は全てくっつくだろうから、今回の用途には不向きなようにも思える。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.