奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

境川 水難現場に遭遇

今日は、境川→引地川→鵠沼の折り返し。雨の可能性もあったけど、雨中でのランも練習しとかないと位の気持ちでスタート。

遊水地公園に近づくにつれ、消防車のサイレンも鳴ってて、消防車がさらに集まってきてた。水難事故みたい。橋の近くに現地対策本部が置かれてた。と言っても、小さなホワイトボードと小さな机。そこにはゴムの堰があるんだけど、時々遊ぶ子らがいる。今回は当初、放水で流されて行方不明の子供が発生したのかと思ってた。

消防の人が近くの団地に、「行方不明のようですが、見かけた人いますか?」って聞いてた。誤報の可能性もあるからだろう。堤防を走る警察の人に、見つからないの?とか、気をつけとくねとか言ってそのまま江ノ島方向へ。時々川を見たけど、、、、。数キロくらい下流藤沢市民病院近くの網の部分とか気になったけど、(当然)見当たらず。なお丁度、藤沢の消防自動車も到着して調べようとしてた。

午後の帰りにはもう、消防車も大勢の人もいなかった。遊水地公園の橋で、近くの人らしき人に聞いたら、まだ見つかってはいないみたいに言ってた。ちなみに業務用カメラを持った人は見かけたけど、夕方にはニュースになってなかった。

なお、鵠沼の折り返し直後では、自動販売機の脇で、ジュースを2本。別のランナーらしき女性も休憩した。その後も時々、自動販売機脇で給水。

ゆっくりしか走れず、途中で長身の女性に抜かれる。そのことは気にならなかったけど、抜いた後にサイクリングロードの真ん中走るし、急に立ち止まって逆走しようとするし、、、。向こうが立ち止まったので抜いたけど、しばらくしたらこちらは歩きなんかになって、またその人に抜かれた。今度は、その人がサイクリングロードの真ん中を走ろうとするもんだから、自転車が混んできて接触しそうに。ほんと困った子ちゃん。サイドのボトルとか、格好は決まってるんだけど。

帰りでの自宅までの3キロくらいから雨が強くなってきた。でも降ったのは、2,3分で、雨自体は生暖かい位。雨中でのランは、想定内だし逆に練習のつもりで好都合だったけど、急に降ってすぐに晴れ間が出てちょっと驚いた。

今日は、40キロを5時間超。暑かったのが理由だけど、長い距離の練習を積まないとと反省。

補足:5日のNHKGとTVKのデータ放送神奈川ニュースを確認したら出てた。投網してて深みに入ったようだ。正午前には発見されたようだけど、死亡。瀬谷区の老人との事。瀬谷区の中心からだと、あそこまでは10キロ近い。魚取りを楽しみに、バイクか何かで向かったのかもしれない。

堰は直接関係しなかったみたいだけど、他の所も含めて子供たちが遊んでて、超危険。台風とか大雨なら、親も行かないように注意すべきだろうにとふと。

なお、誤報の可能性の件、昨日深夜の東京日ノ出ICの土砂崩れでは、当初車が埋まってるとの話があったけど実際は車は無しだった。なので、誤報かもと周りを確認することは重要。これは、救助活動以外でも結構少なくないな~とふと。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.