奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

ハセツネ20回大会が終わって

ハセツネが終わって、1週間ちょっと過ぎた。以下で、大会事務局からの大会を終えてのコメントが読めるようになった。

http://www.hasetsune.com/topics/20121015.html

ドクターヘリの出動とそれに伴う最終関門の変更が気になったけど、結局10分延長したものの、皆さん24時間未満でのゴールだったようだ。

数日前には、優勝したダコタ・ジョーンズ選手の感想が書かれ、その日本語を以下で読んだ。(弱冠21歳で、試走ゼロ回というから凄い。)

http://dogsorcaravan.com/2012/10/11/hasetsune-mr-jones-goes-to-japan-and-wins-jp/

我々にとってタイムからは超人なのに、文章を読むと親近感すら覚えるから不思議だった。しかも、ちょっと我々を応援すらしてくれるように受け取り、嬉しさもこみ上げてきた。

また、レースでの写真がオールスポーツ(フォトクリエイト)で見ることが出来るようになってるし、大会事務局でのアルバムにも掲載されている。「疾走写真館ハセツネ別館 Top page」にも、いくつか写真が掲載されている。

フォトクリエイトの写真は、既に注文した。夜間の冷えた時に防寒の上着を着用したせいかゼッケンが半分くらいしか見えずに、夜間の部分は”ゼッケン判別不能”から探す羽目になった。ただ、GPSでの経過時間から時刻が絞られたので探し出す手間は省けた。

次回は、防寒上着の着用というか、ゼッケン位置は気にしておこう。なお、直前までポーチに付けようかとか考えたけど、ポーチだと外れやすそうで止めた。気温でTシャツの上でも大丈夫と思ったけど、予想以上に冷えて上着を羽織った次第。その辺りを含めて検討かな。

他の人の写真とかも、皆さん笑顔が多い。今回自分の場合、ゴール間際までスピードを落とさずに、しかもカメラを探しきれなくてゴールの写真が今一。来年走るなら、ゴールも含めて、もう少し笑顔とかポーズを決めるようにしたい。

他の人の写真とかで、装備などで参考になることが多い。トレランの練習で参考にさせてもらうつもり。来年のレース参加は参加したい気はあるので、まずは練習だ。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.