奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

大倉~三ノ塔~蓑毛~権現山

今日も丹沢。夕方から雨との天気予報だったので短めにするつもりだったけど、パノラマ写真なども再度試したくて三ノ塔にした。

 

最寄り駅に向かう途中に、カップを忘れていることに気が付いた。固定食とかテルモスとか色々用意したのに、、、。家を出る際に、左右のポケットのバランスが悪いので何か忘れている気がしてはいたんだけど気づかなかった。スプーンも忘れてはいたけど、皮肉なことに以前ウェストポーチに入れっぱなしだったのが見つかった。

今回は、上はFineTrackの1,3番、下はCW-Xタイツ。登山用手袋と耳当てを常時着用。駅まで/駅からでは、Phenix EPIC Extreme Rainの上下を着用し、今回は山でも上は着用(下はCW-Xタイツのみ)。靴と靴下は、いつものサロモン(XA PRO 3D ULTRA 2 GTX)とX-socks。

渋沢駅からのバスに乗ったけど、乗客は10数人。(2,2週間前からは減って)いつもの混み具合になったイメージ。運転手さんが交通規制のことを言ったので、もしかと思ったら案の定「はだの丹沢水無川ラソン大会」。去年も丁度遭遇した。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094518j:plain
バスから見たマラソン大会。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094423j:plain
戸川公園の撮影用パネルは落花生になってた。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094428j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094432j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094436j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094440j:plain
ラソン大会だったので橋を渡れるか聞こうと思ったけど、下に降りてみるのも悪くないと公園のせせらぎの方へ。 左端の写真では、橋の上にマラソンの人達が駆けてるんだけど、ちょっと見えにくいかな。 紅葉や、川の流れは綺麗だった。

で登山道に入って、しばらくアスファルトをジョギングとか早歩きしてたら、人影。3人いて、一人はハンター風。何が起こったのかと歩きにして、熊鈴を鳴らないようにして近づいても、すぐには理解できなかった。

道標の下に別の人がいて、座り込むというか仰向けになった状態だった。顔が青ざめてて、死亡しているようだとのこと。ハンターの人は近くに車があって、2時間半くらい前には人がいなかったからその間だったんだろうとか言ってた。別の二人はカップルで、デジカメ持ってたし、スマホも。

多少話を聞いたけど、どうすることも出来ないし、警察とかには連絡したとかハンター風の人が車を戸川公園(大倉)の方に走らせたので、こちらは山の方へ進むことにした。しばらくしたら、救急車のサイレンの音も聞こえてきた。

電車での飛び込み自殺などは2,3回近くで起きるのを見たりした。登山道での怪我や病気の類を見たり、ドクターヘリが飛んでいるのは何度か目にしている。しかし、間近で死亡を見たのは初めて。めっきり冷えてきてるのでその関係かも知れず、自分も気をつけないとと考えた次第。 しばらく登っていたら、バイクの人が通り過ぎていった。少し上でその人が写真撮影していて挨拶したら、その人も先ほどの死亡の人を見たとのこと。彼曰く、登りはじめだろうと。靴がさほど汚れていなかったのが理由みたい。自分は、むしろ下りきって一安心して死亡したんだろうと思ってたけど、、、。いずれにしろ、あと数100メートルとか、スタートして数100メートルして死亡なので浮かばれない。スタートして数100メートルだとして、多少準備運動とかして体を温めたり、体調を感じたりしたら違ったのかも知れないと、ふと。

その人がバイクだったこともあって、さらに上の方で再会。丹沢の他のルートのことなどを話した。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094444j:plain
大倉~三ノ塔の道は、霜柱とかはあるものの、そうぬかるんでいなかった。写真は頂上の近いところでの霜柱の多いところ。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094448j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094451j:plain
頂上間際とか三ノ塔の頂上界隈は、ひどいぬかるみだった。

今回はヤビツ峠の方に降りたけど、途中までぬかるみが続くし、木の階段も滑りやすい。先週の不動が峰休憩所~丹沢~塔ノ岳~大倉も相当ぬかるんでいたので、丹沢はそれらを注意しないと行けない季節というのを実感。雪が降ればまた別だけど、それまでぬかるみの少ないルートとか、奥多摩とか平地ランとか考えた方が良さそう。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094455j:plain
三ノ塔からの眺め。パノラマ写真。 塔ノ岳など。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094459j:plain
二ノ塔から下ったところからの眺め。パノラマ写真。 真ん中あたりにうっすらと江の島。左の方は伊豆半島。目では大島も見えたけど、曇っていたせいもあって写真だと無理か、、。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094404j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094407j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094410j:plain
ヤビツ峠から蓑毛までの登山道は落ち葉もあって走りやすかった。ただし、曇ってた割には人がちらほら。右の写真は蓑毛バス停近くの銀杏。

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094414j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094418j:plain
蓑毛では丁度バスが来てたけど、ぬかるみで走った気にならなかったこともあったし、どのみち権現山には行くつもりだったので秦野方向へ走ることにした。 道の途中で綺麗な紅葉もあったし、ちょっと変わった植物も見つけてパチリ。右のは、芽キャベツの類??

 

f:id:honda-jimusyo:20200921095122j:plain

f:id:honda-jimusyo:20200921094350j:plain
246との交差点から権現山への近道がないかと思って小さな路を走ってみたけど、近道は無さそうで、幹線道路を進んだ方が良かった。 この前に見たときは工事中だった建物が、ほぼ完成してた。ゴミ焼却場みたい。入り口脇に騒音の調査結果。公共施設の調査報告って大変そう~とふと。(実は最初、遠目からは余りに立派に見えて、新しい温泉施設か何かと思ってしまった。)

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094353j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094357j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200921094400j:plain
右の写真は、少し道を間違ってうろうろしたときに撮影した権現山。真ん中は山頂までの道からの銀杏。紅葉が悪くはないと期待したけど、右の写真の頂上のようにカエデがちらほらある程度。桜の葉の紅葉を少し期待してたけど、とっくに過ぎてた。まっ、当たり前と言えば当たり前なんだけど、ついつい権現山の桜の葉の紅葉を期待してしまった。

弘法山への道の途中に東海大学前への道標があった。ついその道を選んだけど、しばらく下ったらすぐにアスファルトだった。東海大前まで、ちょっとした距離。距離自体はさほど気にならないんだけど、人通りは少なくなくてその意味であんまり楽しいコースではない。

今回も、スーパー銭湯「さざんか」を利用して、お風呂のあとは駅前の居酒屋で軽く一杯。帰路についた。お風呂を出た時から雨が小降りにはなってたけど、フードを使うことなく自宅には到着できた。

 

やはり天気が良くなかったし、そもそも大倉(戸川)での一騒動もあって、良かったとは言えない1日だった。あとは、これからの丹沢のぬかるみにどう対応するか、検討かな~と痛感した。 距離は28km位。コースタイムは以下。

10:15 大倉

12:07-27 三ノ塔

13:20 ヤビツ峠

13:50-55 蓑毛

14:25 名古木(R246)

15:34 「さざんか」(東海大学前)

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.