奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

中学同窓会の後半に知り合いと登山 大浪池と韓国岳

昨日から中学同窓会で、鹿児島・霧島へ。昔の先生の先生の出席もあったし、全国色んな所からの同窓生の参加、お揃いのタオルを手にしての記念撮影など、非常に楽しめた。

 

今日は各自帰路へで、多くが出身地へのバス。途中で黒酢の里だったかの見学兼昼食。で、私ともう1人とが、せっかく霧島なんだからと別行動にして登山。小学校時の卒業旅行でも訪れた大浪池(おおなみのいけ)と、韓国岳(からくにだけ)へ。(卒業旅行では韓国岳には登ってないが、別の日に高千穂の峰に登ってる。)

 

2人とも、時々山へは登ることもあって、それなりの登山姿。天気予報の関係で、少し寒さ対策をしての装備だったけど、早歩きでは少し暑いくらい。ただし頂上での昼食時では、脱いだのをまた着る格好。

 

登山道を歩きながら、小学校の卒業旅行での記憶とか中学高校の話などを。大浪池までの道では、小学生の頃の方が体力あったのかな~みたいな感想も。なお、前半はそうでもなかったけど、後半にはもう1人の方が足をちょっと引きづる感じ。痛む時があるそうな。自分も含め、皆さん気をつけないと、というかケア必要、、、。

 

大浪池を回りながら、ミヤマキリシマの木々が多いのに驚いた。小学生などの頃には、なんで「ミヤマキリシマ」「ミヤマキリシマ」と騒ぐのかと思ったけど、まっ自分が春になったら奥多摩カタクリとかで心を躍らすのと似てるんだな~と少し苦笑。

 

韓国岳への道の脇にしかと思われる死骸。クマにやられたわけでもないだろうけど、登山道脇で少しびっくり。

 

尾根というか開けた所からは、新燃岳の噴煙を含めて、展望が良かった。我々からすると噴煙を見る事ができて良かっただろうけど、規制の関係もあって、霧島の特に宿泊業の人達は早く収まって欲しいとの念だろうと思う。

 

頂上では食事など。写真撮影しようかと思ったら、頂上標識のすぐ後ろで食事してる高校生ら。「うーん」。 その人達が映りこんでも仕方なしと、他の人に頼んで二人の記念写真。

 

大浪池周りではほとんど人がいなかった割に韓国岳頂上は結構な人で、大浪池経由でないルートの人が多いのかな~が印象。

 

韓国岳頂上が丁度12時くらい。同窓生の夕方の用事などの関係もあって、しばらくして再スタート、大浪池は朝とは別の方を回って下山した。

 

昨日の同窓会もあって、懐かしい気分の中の登山となった。

 

写真のいくつかとフォトサイトのURLを以下に示す。

f:id:honda-jimusyo:20170319113359j:plain

f:id:honda-jimusyo:20170319095516j:plain

f:id:honda-jimusyo:20170319132619j:plain

 

公開奔車20170319 - honda-jimusyo's fotolife

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.