奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

登山ボトル ナルゲン いつの間にか6個に

ここ、2、3年重宝してるのが、登山ボトルでの「ナルゲン」(nalgene)。数年前から登山ショップで目にしてたけど、その頃はトレラン向けに小さくて折りたたんだり曲げる事ができるタイプを探してて、ナルゲンの性能とかを見てなかった。保温系はテルモスを持ってるし、、、。

 

(あまりに暑くて)夏場のボトルとして、ペットボトルよりも少し大容量が良いかなとお試し的にナルゲン1個買って良く良く見たら、ボトルの耐熱100℃。早い話、沸騰したお湯を入れる事ができる。煎じて飲むタイプのお茶を3,4種類利用してるけど、普通のボトルとかは少し冷ます必要がある。ヤカンに入れたまま放置することになるんだけど、ちょっと忘れて時間がたつと雑味が酷くなってるケースを何度か体験。その解消になると、ナルゲンの大きな1リットルも買って利用することにした。煎じるタイプって、1パック1に対して水1リットルというのが多くて、容量的に丁度良い。

 

他に、アミノ酸系のパウダー。具体的にはアミノバリュー。性能的に大丈夫か調べて無いけど、クエン酸を少し混ぜて、冷蔵庫で数時間とか1晩。ジムに持ってくのには、小さな容量(400ml)に小分けして持参している。

 

そして今年は、ミネラル麦茶の方が健康に良いと聞いて、それにも利用することにした。水の中にパックを浸して冷蔵庫で2時間ほど放置して置く。実は、2時間ほどの方を忘れる事が時々起きた。最近はその対策として、スマホのアラームを設定。時刻と、麦茶だの種類も記述できるので重宝した。いろんな色があるので、区別しやすいのも良い。(なお、お茶の種類で色を固定するには至ってない。お茶の種類が多いのが理由で、前もって書き込んだプレートみたいなのをぶら下げるようにして使い分けようかなと思っている次第。)

 

そうこうしてて、合計6種類持ってると判明。今回写真を撮った。なお、左端のは、登山ショップのロゴ入りタイプ。

 

f:id:honda-jimusyo:20200814161818j:plain

 

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.