奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

東京五輪 競泳でのスピード表示

2020東京五輪での放送では、いくつか目新しい技術が使われた。その1つが、競泳でのスピード(泳速)表示で、泳者の後ろに速さが表示されるもの。

個人的には、昨年10月開催のISL・国際水泳リーグ2020(International Swimming League)の放送で目にした。その際は、時々しか目にしなかった記憶と、後述するようにスピード表示に少し違和感あって、さほど気にしなかった。というか、余りメリット感じなかった。

 

ところが今回の東京五輪で、女子400m個人メドレーでの大橋選手金メダル受賞があり、ライブ放送そのものでも、録画放送やビデオ録画したものの再生でも何度か目にした。4泳法それぞれでもゴール近くのスピードが表示され、各泳法でのスピードの違いが分かると気付いた。(ISLの時は、これほど決まりのようにスピード表示は行われなかったように思う。)

 

f:id:honda-jimusyo:20210805160143j:plain  f:id:honda-jimusyo:20210805160224j:plain  f:id:honda-jimusyo:20210805160247j:plain  f:id:honda-jimusyo:20210805160359j:plain


上が、4つのゴール近くのスピード表示の様子。写真での大橋選手のそれは以下。

 バタフライ 1.45m/s

 背泳ぎ   1.39m/s

 平泳ぎ   1.25m/s

 自由形   1.54m/s

 

自分たちでもそうだけど、平泳ぎが他より遅いなどがはっきりしている。放送では、前半部分でのスピードも出たように思うので、それらの違いを比較するのも良いだろう。

ただし、自由形のゴール前では1.54m/sと1.53m/sとか1.51m/sに変化した。別の選手とかの比較では、少数以下まで含めると、数値の方がおかしいように感じる時もあった。これらはISLでも感じたことだった。ただし、ISLの時よりも、勘違いかもしれないが、違和感が少なくなったように感じた。

思うに水泳は、自動車などのようにスピードほぼ一定というわけじゃなくて、微妙にスピードが変化する。平泳ぎが分りやすいだろうか。なので、スピードが微妙に変化するのは当然と思われる。逆に、その辺りをどう均して(ならして)スピードとするかが、技術革新/改善なんだろうと感じた。

 

あと、このスピード表示、自分のスピードと比較できるのが、結構メリット。算数の世界だけど、25m泳での時間とスピードとの関係は以下。

 15秒 1.65m/s
 20秒 1.25m/s  
 25秒 1.00m/s
 30秒 0.83m/s

上での大橋選手の平泳ぎは、25mを20秒ということ。まっ、(我々?が)クロールでゼイゼイ言いながら泳ぐくらいを、4個メ平で泳いでる事を意味する。ちなみに、レースでの時間よりも、25mプールでの壁キック練習タイムの方が、瞬間的なスピード比較には適してるだろう。


今回の競泳放送では、大橋選手の200m個人メドレー決勝を含め、ゴール間際ではスピード表示してるのが多かった。各種目での表示と自分の記録とを比較する事も同様なので、録画したりしてたら確認&お試しあれ。(例:男子200mバタフライ決勝での本多灯選手の終盤は 1.62m/s)

 

 

 

グレートトラバース3 田中陽希さん達成おめでとう!!

以前このブログで達成間近と紹介した「グレートトラバース3」の田中陽希さん。日本300名山(実際は301座)の利尻山の登頂を果たし、下山ゴールし島民の皆さんから祝福受けた。

https://www.facebook.com/greattraverse/posts/2341282806005662

 

スナップショットも付ける。

f:id:honda-jimusyo:20210803075009j:plain

 

ほんと長い期間をかけての達成。100名山での「グレートトラバース」は2014年4月1日の屋久島・宮之浦岳がスタート。200名山の「グレートトラバース2」、300名山の「グレートトラバース3」を経てのゴールで、途中お休みはあるけど、7年と4ヶ月かけての偉業というわけだ、、、、。

2021年8月2日。神奈川県など首都圏3県が緊急事態宣言へとか、(あくまで個人的な思いだけど)東京五輪で日本女子バレーが予選敗退などと並び、刻まれる日になった気がする。

田中さん、お疲れ様でした&おめでとうございます!

 

女子200m平泳ぎ世界新記録 スクンマーカー選手の泳法 エントリー

一昨日の東京五輪競泳の女子200m平泳ぎは、南アフリカのスクンマーカー選手が世界新記録で優勝した。ゴールタッチ後、しばらくして世界新記録に気付いたシーンが印象的だった。

で今朝、他の競泳種目も含めて、参考にとビデオ再生。スクンマーカー選手ってストロークのエントリー時に、結構早めに手の平がプール底方向になる感じ。バタフライのエントリーに近いといえば大袈裟だけど、手の平の方向はそれに近い印象。(最近は、動きの随所でバタフライに近い平泳ぎという言い方をするけど、まさしくそれ。)

 

f:id:honda-jimusyo:20210801061735j:plain

上は予選でのスナップショット。決勝でのテレビも同じようなアングルの映像があったけど、左右の手がそれっぽく分かるのは、予選の方だったように感じた。

自分の大きな課題が「平泳ぎ」。エントリーの際に、小指を重ねて、あるいは小指同士をロックさせてエントリーする練習が、結構頭にある。それ自体もあまり良く出来てないが、今回のスクンマーカー選手の動きを見ると、むしろ手の平を重ねるよりも開く方が良いのではと思うようになった。小指同士を重ねるタイミングも悪いのか、その関係で体重移動などがうまく行ってない気がしてきた。明日以降の練習で、手の平を開く方法も試してみようと思う。

2021年07月のトレーニング距離

今月のトレーニング距離は以下。

年月 距離_ラン の SUM (km) 距離_スイム の SUM (km) 距離_自転車 の SUM (km)
202107 0.00 26.70 46.00

 

 

自転車(バイク)も屋外プールへのもので、新型コロナの影響でランと自転車はトレーニングできてない状態が継続してる。

 

秋葉台の屋外50mプールへ

今日は、自宅からは少し離れた、藤沢市の秋葉台屋外プールへ、自転車で。新型コロナで昨年は近場の屋外プールはどこもお休み、今年も最も近い屋外プールはお休み。調べたら、秋葉台は今年は開場との事。今日から。

神奈川県は、まんえん防止重点地域が広がるけど、地域が変るだけど対策要請が変るわけじゃない。その中ではプール等の休場までは要請されていない。そのため土日で人多いのも何だかな~と思って、別の平日でも良さそうと一瞬考えた。ただ、知事の言い方が「神奈川県版緊急事態宣言」だし、感染者多くなって緊急事態宣言になるとプールお休みにかもで、今のうちにと思うようになった。(実際、人口当たり1週間の新規感染者数ではステージ4へ。)

 

今年の開場に向けては、感染防止策チェックリストなる紙に氏名等を記載して提出する。あとは人数制限など。ちなみに秋葉台のプールは、屋内プールもある。屋外の50mはそんなに人が混むわけじゃないけど、流水プールなどもあってそっちが家族づれで結構混雑する。

 

入場までは、建物の外で並んで係員が人数確認。そのせいもあって、一緒の人が揃ってから並ぶようにとアナウンス。建物入場で検温、必要な人はチェックリスト記入、券を買って、ゲートで券とチェックリスト提出。(自分は自宅でチェックリストをダウンロード&記入して持参。)

 

 

 
それなりに気分良く泳げたけど、50mプールは2年ぶりに近いか。普段のジムより50cm程度しか水深違わないけど、あの掻いても掻いてもなかなか進まない感覚が出てきた。出てきたというか実感として思い出された。
 
また50mって、やっぱそこそこ疲れる。今回課題の1つを少し長めの平泳ぎにしてたけど、案の定50mがやっとに近い。50m泳いだら、コース外で一休み、、、。でも必要な修正点らしきのが見えてきた気がする。背泳ぎは、やっぱ屋外はコース取りが難しい。左に寄ってしまう癖もあって今後も課題。あと少し頭の隅にはあったけど、5mフラッグが、風で位置が変るというか不正確。要対策だろうけど、屋外プールのレース参加が当面ありそうにないから優先順位低かな。
 
公式プールなので、壁が水面からそこそこの高さ。ジムだと、ついついプールの縁を掴んじゃうけど、それが出来ない。というかむしろ、正式なタッチターンなどの練習に良い機会。バタフライ→背泳ぎなどの色んなタッチターンをフリーエリアで練習してみた。一部クイックターンも。背泳ぎ→平泳ぎの左手タッチターンは、まだまだ。(ジムの掴む場合で、やっと時々それらしい形になったかななので、仕方なし。)
 
なお、他の屋外プール等でも可としてるところが少なくないパドルが、ここでも使える。クロールのみだけど、今年からスカーリングがOKになったような気がする。スカーリングも前からだった? ただし、大きさが厳密に制限されてるのと、50m完泳コースでのみ使用可(フリーエリア不可)。以前も利用したので、次回とか持参しようと思う。
 
 
今回ロング泳はやらなかったこともあって、程よい疲労感。ただし、自宅で結構日焼けしてるのに気付いた。さほどヒリヒリしてないけど半日程度だったので、少し驚き。年取ったせいもあるだろうけど、実質日差しがきつめということ。ここ数日は、プールを含め屋外スポーツは、日差しに要注意だろうと思っている。
 

 

グレートトラバース3 完遂間近

 

 NHKでの「グレートトラバース」で御馴染み?の田中陽希さん。現在日本300名山の完全人力踏破を行ってるが、今朝見かけたのは彼のブログでの298座達成。残り3座。(ウィキなどにも出てるけど、日本300名山は、実際は301座。)

 

https://www.facebook.com/greattraverse/posts/2316550311812245

 

f:id:honda-jimusyo:20210706221541j:plain

最終ゴールは、利尻山と思われるが、道内を含めた距離と難敵の”利尻水道横断”が待ち構えているので、あと何日かは読みづらい。ちなみに100名山でのゴールが利尻島だったが、10月26日、200名山でのゴールは鹿児島の佐多岬で元旦。

300名山の今年は、ふと「山の日」かと思った。元々が8月11日だったがオリンピックの関係で8月8日。少し日が多すぎて余裕過ぎ? あるいはもっと記念日らしい日は無かったかと、ついつい考えてしまった。

 

ゴールの日の予想は置いておき、この旅は前代未聞というか、外国人含めて達成できる人はいないだろう。開始が2018年1月1日で、3年半以上かかってる。

最初の百名山では、人力踏破といいつつも、黒部渓谷で船に乗る羽目になってしまった。その点では、100名山でのそこも人力踏破する人は出てくるかもしれない。しかし300名山での人力踏破となると、考えられないと言える。

人によっては、300名山なんてそう高い山ばかりじゃないし、舗装道路は多いだろうしと、面白みに欠けると思った人も多いかもしれない。ところがどっこい。悪戦苦闘する様子が、本人には悪いけど、気になったり引き込まれたりした。それに、テレビ番組などで取り上げられない山が少なくなくて新鮮。地元の人との関わり合いなども興味深かった。

テレビ番組は、基本NHKBS放送。部分的に地上波で取り上げられた事があったと思うが、基本BS放送。100名山の頃から、月に1度で複数座の番組が放送されるけど、15分番組のものも。15分番組は、1回1座が多いが、複数座をまとめたり、逆に複数回に分けたりもある。15分番組は、素材が溜まったら放送みたいな感じで不定期に近い。

だだしがあって、特に300名山では、新型コロナの外出規制の関係で登山自体が中断という事態に。他に怪我があったり、免許更新で一旦自宅に戻る羽目になったり、、、。一旦自宅へと言っても、人力踏破へのこだわりだから、そこも人力。歩いたり走ったりしている。その関係で、月の番組なども中断。(その部分だけ考えると、田中さんよりも短い期間で300名山人力踏破できる可能性はあるだろうが、そもそも300名山チャレンジしようという人が出てくるか??)

 

ここのブログでも、田中陽希さんに会おうと出かけたり、併走させて貰ったりに触れてる。その意味でも、思い出のある人だし、一連のチャレンジに興味を覚えてる。

あと少しなので、頑張って欲しいし、怪我などを含めて無理をせずに達成して欲しいと思う。「がんばれ 陽希!!」
 

放送動画で、平泳ぎスプリントのキック確認

自分は水泳4種目の中で、”平泳ぎ”が超苦手。細部は別途ブログに書くと思うけど、スポーツジムで平泳ぎのレッスンを受講してるが、なかなか習得できてない。

ただ最近少し向上した感じがあって、今日はどうにか400mの平泳ぎ連続泳をクリア。自分なりのキックやストロークの感覚が少し分かり、100mとか400mの練習の方向が見えて来た感じ。逆に、今日の別レッスンでの25mのスピード練習を含め、平泳ぎのスプリントは、まだ頭の中でしっくり来ないまま。良い機会なので、平泳ぎの得意な人に確認した。

 

その人の言だと、スプリント平泳ぎは、ストロークを含めハイテンポなのと、キックを直線的に蹴るというか放る感覚との事。良く平泳ぎの本などで”ウィップキック”で足首を外に向ける図なり写真が出るけど、それすらもやらないというか足首操作を控えるというか、、、。

自分的にはまだ十分理解できてなかったし、そうすぐには出来そうにないな~と思いつつ、自宅でつらつらと競泳の放送録画で確認。特に今年2021年の競泳日本選手権。NHKの放送だったけど、その中でも以前から時々確認してた”女子100m平泳ぎ準決勝1組”を何度か。

このレースは、青木玲緒樹選手が4レーン、宮坂倖乃選手が5レーンと隣りあわせで、しかも2人の泳ぎが対照的。あくまで2人の比較では、青木選手がゆっくり目で、宮坂選手がハイテンポ。この中継放送では、水中映像がそれなりに多くて、水中動作を比較できた。

f:id:honda-jimusyo:20210701073433j:plainf:id:honda-jimusyo:20210701073715j:plain

黄色の2コースのうち、画面奥が青木選手、手前が宮坂選手。青木選手がウィップキックに思え、宮坂選手の方が今回話しの出た直線的に蹴ってる感じ。写真ではわかりにくいけど、足首の返しも少し違う感じがしている。

個人的には少しスッキリして、自分のスプリントの場合、ウィップキックも試しながら直線的に蹴るのもやってみた方が良さそうだ。結論というか、自分の合ったキックを会得する方向が見えてきた感じ。

なお得意な人との話でも、直線的に蹴ると言っても、本能的に足首をある程度外には向けてるんだろうとの話だったので、その辺りも映像を見ながら納得した。またウィップキックの習得のための、プルブイを挟んでキックする練習はやってみた方が良さそうとの話になった。それらを含めて、平泳ぎのスプリントの練習をやっていこうと思う。

 

多少蛇足ネタ:女子100m平泳ぎ準決勝2組では、渡辺選手と鈴木選手が対比的だったが、残念ながら放送では比較の分りやすい水中映像がなかった。むしろ水上というか上体の起こし方の方が違いありに思えた。

女子100m平泳ぎ決勝や男子含めた他の種目には、どうも平泳ぎスプリント泳法の分りやすい水中映像は無かったように思う。

なお、2021年競泳日本選手権の終盤とか終わった頃に、ジムのコーチ格の人に、我々レベルの平泳ぎで参考になる選手映像は?みたいな会話が起き、2021年競泳日本選手権の女子400m個人メドレーでの大橋選手の平泳ぎが出て、自分としてもちょっと納得。体重移動と、その直後の腕などを含めたうねり?が、うまく映像になってたと思う。

 

また、平泳ぎのスタート(一掻き一蹴り)については、直近では別ブログで触れたジャパンオープンでの水中映像が参考になってる。

©2005-2021 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.