奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

アッコさんも老眼?

今日のTV番組「アッコにおまかせ」での1コマ。

アッコさんはニンテンドーのゲームをもらったらしい。プレイ自体は面白いが、「字が小さい」「少し暗いと良く見えない」と言っていた。ついでに「CMの予定があれば呼んで」。

早い話が、”老眼”。でも、老眼を気にしている我々にとっては、強い味方を得たような気分で嬉しくなった。

友達との飲み会で、目の衰えが話題にならない事が珍しいくらいになってしまった。例えば、薬は大人何錠かがよく見えない。ラーメンは、何分煮る(お湯に浸す)のか、スープは器に入れるのか一緒に煮るかすぐに判らない。薬品メーカーなどももう少し考えて欲しいもんだ。我々ですらこのような状態なのだから、もっと高齢になった時の事を考えると少し怖くなる。

ルティンなどを飲んでも、成人の頃の目の能力まで戻る事は期待できそうにない。衰えをセーブする程度だ。最近は100円ショップで虫眼鏡や拡大鏡を売っているので、いくつか買って色んな所に置いている。(その都度虫眼鏡を取り出すのも面倒なので、せめて薬とラーメンの表示は、大きな文字がありがたい〜〜。)

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.