奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

平泳ぎのキック 自宅で自撮り

自分のスイムでの大きな課題が、「平泳ぎ」。膝を痛めそうで、市民プールを利用してた頃でもほとんど泳がず。ジムに通うになって、4種目の各泳法のレッスンを受けるようにしたけど、平泳ぎは課題多すぎ。初級相当クラスの人より少しは泳げるから中級相当クラスにしたけど、自分としては基礎的な多くができてないとの意識。スイムスタッフもその辺り分かってて、こちらの時々の質問にも答えてくれた。

 

少し長めに泳ぐレッスンで、他の人はほとんどクロールなのに、こちらは平泳ぎでやってた。そのレッスンで今月になって、ほんの時々、うまく行ったと思った直後に「あれっダメだ」とかを感じる時が出てきた。前後の人のクロールのスピードに遅れまいとスピード上げようとして、キックなどの良い所と悪い所が目立つようになった感じ。また、平泳ぎの早い人に泳ぎを見てもらって、指摘をもらったりもした。

 

ある程度悪そうな所がわかってきて、手(ストローク)は鏡前のエアスイムなどの練習でカバーできそうだけど、キックの方が今一つ。以前から腰かけキックとかで確認してるけど、こっちの勘違いなどもありそうで、改善できるかな~。ちょっぴり高額なパーソナルレッスンを受けようかなとか、ビデオ撮影とかがわかりやすいけど、オプションとしてあるのかな~とか考えてた。

 

で、今日ふと思いついたのが、自宅での自撮り。自撮りというよりも、単にスマホで、自分のキックの様子を動画撮影。スマホスタンドにセットして、スタンドの足部分に挿み物をして角度調整。自分は畳の上に腹ばいになって、ウエッジキックをゆっくり。

 

そこそこ撮れて、「えっ~こんなに足を伸ばしてないのか~」など。次回のジムで腰掛けキックなどから再確認だなとか、足首曲げたままの膝伸ばしって筋肉の使い方がむつかしいなとか思った。後者は、自分の体の硬さなども影響してるのかもしれないが。

 

撮影に関しては、ベッドの上などの方が良さそうで、布団折り畳みとかコタツ利用とかもちょっと考えてみるつもり。スマホの置き方も要検討だし、家人による撮影の方が良いかもしれないが、思い立って直ぐへの対応とか自分の気恥ずかしさとかが気になるところではある。

 

なかなか良い気付きができて良かった。明日以降の練習に生かしていくし、時々撮影での確認もしていこうと思う。

 

©2005-2021 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.