奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

塔ノ岳 久々にシカさんに遭遇

塔ノ岳へ。2週間ほど前に丹沢全体に雪が降り、もしかしたら山頂に雪があるかもとの期待で。逆に、ほんとに積もってたら寒さで引き返す事になるかもとの懸念を持ちながらのトレラン。(雪は、天気予報などで、ほんの少し期待した程度。) 昨日が宴会だったので、大倉に着いたのか11時10分過ぎ。渋沢の駅からのバスでは、私と買い物帰りのお婆さんとで発車。時間のせいもあったけど、夏のシーズンとは大きな違い。 最初は、下をタイツ、上をTシャツ重ね着+防水ブレーカーに。耳当てもしたこともあり、ちょっと走ったら暑くなって、石道の中辺りで、ブレーカーとかを脱ぐことにした。耳当てもポケットへ。 なお、手袋はしてった。先週、ショップで登山用を購入しようか悩んだけど、今回は自転車のサイクリング冬用のそれにした。

 

大倉→塔ノ岳の尾根への道で、大きく別れるところがあるけど、今回は左へ。少し登ったら霜柱が見えてきた。 また鳥居みたいなのがあって、ちょっとビックリ。

 

霜柱は、所々綺麗に見えるところが。霜柱のせいでぬかっているかと思ったけど、ほとんど乾いてた。(頂上の方になると、少しぬかったところあったけど。)

 

景色は曇ってて、さほど良くはなかった。富士山もちょっと見える程度。

 

今回感激したのが、シカとの遭遇。右の写真では、あかいウェアの人の少し左に位置しているのがそう。 10年近く前での塔ノ岳でのランでは、何度か遭遇。ここ1年くらいのトレランでは見かけなかった。
最近のヤマレコでの塔ノ岳のシカに関して、気に入った写真の一枚。→ http://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=90390&pid=68639569946b9847bb7dc2b4ed915812 この写真とかを見て、いつか会えると良いな~と思ってた。それが、急に実現してラッキー。
塔ノ岳の頂上まで下タイツ+上Tシャツ重ね着で行けたけど、頂上ではすぐにダウンや防水ブレーカーを身につけた。下の方も厚手のウィンドブレーカーを着て、耳当ても。 それでも、ブルブル震えるくらい寒い!!。

 

遠くに雪山が見えたので写真に納めたけど、立山とかだろうか、、、、。  寒いことを見越してパンも持ってきたけど、温度的というか体を温めるにはおにぎりと大差なし。水が体を冷やすのかもしれない。次回気休めにでもホット系の飲料にするか、思い切って保温タイプの水筒とかを用意してみようかと思う。 見かけたとあるグループには、それなりの防寒だけど靴が普通の運動靴系の人が多い人たちがいた。ゆっくり食事するような雰囲気だったことを思うと、山小屋宿泊予定だったのかもしれない。 余りにも寒くて20分くらいで下山へ。ダウンだけは脱ぐことにしたけど、手もかじかむし悲惨。

 

左は、”金冷し”。ちょっとネットで、地名の由来をいくつか見かけたので、念のために写真にと。 右は、自分の足下の様子。トレランだけど、そんなに濡れてない。 なお、防寒用の靴下にして、上りは順調に思えたけど、下りで冷えてきた。ぬかるみのちょっとしたせいなのか、、、、。また手袋の方も、上りじゃそうでもなかったけど、じんわり冷たい感じがつきまとってきた。登山用の手袋の方が良いのかな~とか思いつつも、そう何度も冬山トレランする訳じゃないだろうから、購入するかは懐の具合次第かな。
下りは、落ち葉のためか、少し気分良く歩けた/走れた。そう言えば、登るときに結構早く駆け下りてく人がいた。見るからにトレラン。ちなみに、こちらの格好を見て「何周目?」とか言う人もいた。要は1日のうちで、何度目の頂上トライ?って聞きたいのか、茶化してるのか、、、、。体力も含めてよほどじゃないと、(普通の人じゃ)2回以上は無理と思う。 途中で、下タイツ+上Tシャツ重ね着にして下山。今回は頂上から大倉まで1時間20分くらいだった。

 

大倉じゃ、バス停向かいのお店に行ってみた。馴染みと思えるお客さんが多かった。店のおばちゃんに、塔ノ岳の雪のことを聞いてみた。そんなには積もらないだろうと。また、大倉辺りでも、昔は結構積もったけど最近はさほどでもない話も。 バス待ち合わせの合間に、「大倉ビジターセンター」に入ってみた。写真はそれ。ちょっと参考になる情報もある。 コースタイムは以下。いつものように、走ったり撮影で立ち止まったりなので、参考程度に。 11:18 大倉スタート 13:45 塔ノ岳山頂 着 14:05 塔ノ岳山頂 下山開始 15:28 大倉 シカも見ることできたので、来年は良いことあると良いな~。

 

 

<<ブログ移行に伴い、写真は以下に>>

f:id:honda-jimusyo:20101226115320j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20101226121227j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226125242j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20101226131349j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226132324j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20101226133827j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226133919j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226134155j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20101226135030j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226135039j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226141901j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226142303j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20101226155938j:plain

f:id:honda-jimusyo:20101226155945j:plain

 

 

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.