奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

消炎剤 小容器タイプがあればいいのに

トレランやマラソンレースで、持参する消炎剤の容器には以前から悩まされている。そもそも、市販のチューブのままだと大きくて重い。なので小分けして持っていこうとするんだけど、それが難問。プラスチック製の小容器が思いつくんだけど、何度か容器が割れる事態が発生した。説明書とかに、プラスチック製の容器などを使うなと明記してある。プラスチックが硬化するようだ。

f:id:honda-jimusyo:20200918181722j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200918181726j:plain

 

f:id:honda-jimusyo:20200918181730j:plain


今のところ塩ビ(?)のチューブタイプならOKそう。ところが、径が小さくて入れにくい。思いついたのが、注射針のような液体移し。化粧液なんかの為の道具で、100円ショップで見かけた。左写真の右のものがそう。 ところが、、、、。消炎剤って結構粘性が高くて、簡単に注射針の方に移らない。最初、道具の不良品かと思ったくらい。 結局、小容器の方を一旦押さえて空気を抜いて手を緩めながら、消炎剤のチューブを押して液を出すやり方になった。3つの写真での青いチューブがその容器。 なお、右の写真での真ん中のが分かりやすいけど、バンテリンでおまけの5gというのがあった。ちょうど良い大きさ。
歯磨きとかで、小チューブタイプを5つくらいまとめてる商品がある。消炎剤も、携帯用にいくつかの小サイズをまとめたものを販売してくれるといいんだけど、、、。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.