奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

20191102 ジム マスターズ大会 金銀銅メダル

今日は千葉にて、ジムの水泳マスターズ大会。昨年初参加で、今回2回目の参加。昨年は金・銅メダルだけだったけど、今年は銀メダルを加えた3色揃い。^.^;;

 

f:id:honda-jimusyo:20191103082049j:plain

 

記録は以下。


・25m バタフライ  16.75

・25m ビーフィン  12.56

・4*25 混合フリーリレー  1:05.96

 

実は、この他に、混合のメドレーリレー4*25に出場した。自分の出場種目を終えて着替えた後に自宅へ先に帰ろうとして、ジムの応援席の掲示見てみたら、その種目に自分の名前が。当日のメンバー変更が2転3転して、全然聞いてなかったこちらに。当日に直接の連絡も無かったような、、、。「えっ~」とスタッフに確認。

聞き漏らした気はしないけど、仕方ないと思って急いで再度水着に。そしてプールサイドに急ぎ足で行って、他のメンバーと合流できた。

ただ、自分の種目が”背泳ぎ”。平泳ぎの次に出来てない種目。ジムでのタイム計測みたいなのもやったこと無いし、公式マスターズ大会などでも泳いだこと無い、、、。

見様見真似に近い状態で、スタート台にというか、プールへドボーン。飛び込み台のグリップ握って、飛び込みというか肩から水面にというか、、、。少しバサロ打ったけど、自分でも結構蛇行してる感じが分かる。フラッグ見えてダッシュするにも、ゴールちょうど辺りでコースロープに触れて、もう一掻き?とか慌ててバタバタ。個人的には、悲惨だった。メダルにも届かなかったし、そもそも他のメンバーに悪くて、ちょっとシュン。

自分として、背泳ぎ(と平泳ぎ)も精進せねばと、猛反省。でもある意味、その2種目もレース出場を想定してやるべしと、前向きに考えることにした。

 

追記:大会反省会(という懇親会)だったか、ジムのプールサイドでだったか、ウォームアップで背泳ぎもやって、大会会場の天井を確認すべしと言われた。まっ、ある意味当たり前なんだけど、肝に銘じることにした。

ただ背泳ぎと平泳ぎを、自分自身の単独種目として出場するには、少し時間かかりそうで、それは仕方なし。

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.