奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

ゆずワイン求めて陣馬高原下→笹尾根→数馬の湯

今日は、先だっての田中陽希さん追っかけ(と言っても御前山まで走って結局会

えず)の帰りに立ち寄った「数馬の湯」での”ゆずワイン”が忘れられずに、再

度数馬の湯へ。天気がどんよりしてるし痛めた捻挫が完治してない気がして、無

難?に陣場高原下からにした。

 

今日の高尾駅陣場高原下のバス。立ってる人もいるほど結構混んでたけど、”

関場”でほとんど降りちゃった。バスの中で喋った人が、刈寄山経由で武蔵五日

市駅へ向うって言ってたけど、その人も関場で降りた。ネイチャーガイドの腕章

持ってる人がちらほらいたけど、自然観察のグループでもなさそう。皆さんリュ

ックやウェアもちゃんとしてるというか、少し重装備に近い。高尾駅では幹事さ

んみたいなのが地理院地図を配ってて、近くの人はコースを書き込んでた。人数

多いし、それなりの統率取れてて、どんなグループか気になった。

 

結局、高原下で降りたのは、3,4グループで、計10人はいなかった。天気良くな

いし、秋の気配がまだまだだからか、、、。

 

和田峠までのアスファルトをゆっくり目のジョグで。その後の醍醐丸への登山道

から気分変わるかなと思ったら、”露”というか雨が乾いてない? 土も少し滑

りやすくなってて良いコンディションじゃない。多少リハビリ兼ねてるつもりだ

ったので、まっスピード出さないし良いか~みたいに思うことにした。

 

でも富士山は見えないし、その後も葉っぱが濡れていたり滑りやすい所もあって

、多少気落ちしてきた。三国山の頂上では、富士山はもとより、近場の山々もま

ったく見えず。日差しも皆無。笹尾根では、そろそろ○○の道標なのに~と思い

ながらも何度もカーブやら林の中を過ぎて、やっと道標。久々に、人がいなくて

萎えそうになる気分を味わった。

 

数馬峠からの展望も全くなし。それでも、ゴールが近いと、少し元気になってき

た。少し草を刈ってあって、走りやすい。松などの落ち葉も心地よかったけど、

下にごつごつした石があったりするから注意。

 

で今回は、途中での二俣を、数馬の温泉センターの下のほうへ向ってみた。結果

的には、アスファルト道路に出てからは、今回の方が近いかな。ただし、温泉セ

ンターまでが少し登りなのと、アスファルト道路から登る時にはわかりにくいか

も。

 

f:id:honda-jimusyo:20200918173020j:plain


そして、数馬の湯で、お風呂と食事ではお目当てのゆずワイン、、、。天候・風景やトレーニング的には多少不満だけど、ゆずワインで帳消し。(携帯写真で、ちょっとピンぼけ。)

 

距離は24.2kmとしておく。コースタイムはざっくりで以下。

 

08:50 和田峠スタート

10:00 醍醐丸

11:00-12 三国山

12:53 数馬峠

14:25 数馬の湯

 

写真と写真へのコメントは、以下のGoogleフォトの一般公開でアップしている。

 

https://goo.gl/photos/K32NteinoAU3vaY88

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.