奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

昨日と今日、パドル泳

昨日と今日は、水泳。いつもの引地台。昨日は夕方用事があったので自転車での遠出が難しかったため。今日は、宿題を仕上げようと思っているうちに午後へ。そしたら少し曇り気味になったため、自転車断念してプールへ。

昨日は、パドル(フィンガーパドルと呼ぶタイプ? 柔らかな化学繊維タイプ)で45分。今日はストロークブイで30分。他にちょっとした距離の練習。

先週、コースロープ内をパドルで泳いでいる人を発見。係りの人に「駄目じゃないの?」と聞いたら、プラスチックタイプでなければ、OKとの事。ほんとは、コースロープ内でのストロークブイもOKにして欲しいけど、それは駄目そう。

膝が結構痛かったので、特に昨日はスピード出さず。でも昨日のパドルでの練習では、30分くらいから肩の筋肉が少し痛くなる。普段のストロークブイの時は、手首あたりから疲れがたまるので、少し違う部位。

なお、パドルつけたままのクイックターンがどうもうまく出来ない。これまでの20年近くの間でも、2,3人位しかパドルつけたままのクイックターンを見たこと無い。パドルつけたままのクイックターンって、邪道とは思わないんだけど、どうなんだろう。

今日のストロークブイの練習は、人も少なかったし膝をさほど使うわけでも無いので時々スピードアップした。30分くらいと決めてたことも理由。それにしても、なんか人の前泳ぎたがる人がいて、困ること時々あり。わざとなのか、すぐ脇を同時にスタートする。こっちは、結構長く泳いでるんだし、何考えてんだか。(ストロークブイつけて疲れてくると、方向転換が結構困難。)

なお、昨日も今日も、プールで時々見かけるトライアスロンの人と同じ時間帯になった。同じくらいのスピードなので、後ろにつかせてもらうことが時々あり。向こうが遅い時は右に避けてくれるので、泳ぎやすい。引地台での長く泳ぐ人の中は、彼のようなタイプと、どうしても譲ろうとしないタイプの輩が半々。

冬は、人少ないので、昨日・今日のような練習を主体にした方が良さそう。

©2005-2021 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.