奔車紀行

つれづれ技術屋の趣味など いわば支所

プロテイン探し

一昨日と昨日は、近くのドラッグストアやスーパーに出向いて、プロテインアミノ酸を物色。

 

スポーツジムでの知り合いとのちょっとした会話で、中高年になると関節痛や筋肉痛が長引くよね~と。実はここ1年近く、ちょっとしたジョギングやスポーツジムでの運動でも、太腿を主として筋肉痛を感じることが多くなった。走ってる途中でもだし、その後もなかなか傷みが取れない。オンライン同窓会でスポーツやってる人に聞いたけど、そんなことは無いと。

 

今までマラソン大会や1日中のトレランで、アミノ酸とかを摂取する時はあった。けど、身近なトレーニングではさほど疲労や筋肉痛がなくて不要と思ってた。が、それらが必要なのかな~と、最近は時々アミノ酸を摂取。やはり中高年での老化というか筋肉の回復力が低下してるのかもと思うようになった。ちょうど膝の痛みでここ2,3年コラーゲンとかを摂取するようになったのと似てるのかもと。

 

で、ふとアミノ酸は即効性が高いだろうけど、プロテインたんぱく質の摂取も影響するのかな~と思うようになった。プロテインはさほど熱心でもなかったが、2,3年前に一時期自宅で摂取。その時は回復力に関して大きな効果を感じなかったけど、その後筋肉回復力衰えなどが関係して最近の痛感になってるのかもしれない。

 

そこで改めてプロテインなどを近所のお店で物色。味の素などからも新しい製品が発売されてて、結構カラフルになってた。結構アスリート?に評判の高い「MUSASHI」とかを売ってるお店もあった。結構驚いたのは、スーパーのイオン内ドラッグストアで「シニアプロテイン」と書かれた商品を見た時。プロテインでよくある大きな袋のパウダーで、2タイプあって片方はコラーゲンか何かの成分が入ってるタイプ。テレビとかでコラーゲンやヒアルロン酸の通販コマーシャルが流れてるけど、運動するシニアでプロテインとかも必要と感じてる人が少なくないのだろう。

 

で、結局自分の場合、スポーツジムのスイム練習直後のプロテインが主目的だったので、ジェルタイプを買ってみた。他のトライアルのをいくつか。

 

f:id:honda-jimusyo:20200903095148j:plain

 

なお、トライアルのは一昨日辺りに実際に試してみたけど、そのまま口に入れて水を含んで飲もうとしてみた。ちょっと玉になって、違和感。グルテンみたいな感じに近かったかな。説明にも書かれてるように、水などでシェークすべきと痛感。今日、アミノ酸入れたボトル持参の際の終了時に、アミノ酸を飲み干した後のボトルでシェーク。普通にプロテイン。水や牛乳でシェークの方がよい。またジェルタイプもお試し。

 

やはり、プールでのトレーニングのプロテイン摂取としては、自分の場合はジェルタイプの方が良さそう。粉末だとその後の水洗いなどが自宅でのそれと手間は変わらない。また、容器洗いがちょっと面倒なのと個人的には暖めた方が(バニラやココア味は特に)美味しく感じる。プールではその辺りがちょっと難点で、しかも新型コロナ騒動の関係で、ジムの水道とか冷水器の利用で結構制限が出てて、積極的になれなかった。

 

タブレットタイプがアミノバイタルにあって少し興味が沸いたけど、トライアル版とかあれば別だけどちょっと未知数で今回は断念。大きな粉末タイプの購入も考えたけど、実は最近「豆乳」を摂取するようになった(調整→無調整タイプに)。どれくらい効果あるのかちゃんと調べてないが、豆乳にコルステロールを下げる効果もあるようで、そちらの効果も期待してである。そうなると、牛乳などを含めて似た飲料の摂取が続く気がして、粉末も今回断念。

 

結局、プールでの運動では従来と同じようにアミノ酸摂取、気になりそうな日にプロテインジェル持参に落ち着いた。(以前粉末タイプのトレラン後などでの利用を考えなかったわけじゃないけど、粉末とボトル持参が少しでも軽量したい立場としてはネックだった。トレラン直後にもジェルタイプなら利用できそうである。)

 

今回調べたら、プロテインアミノ酸、牛乳、たんぱく質そのものの摂取のメリット、ディメリットなどが書かれてるサイトがチラホラあった。が、定説みたいな記述よりも、各商品の広告というかメリットの方に重きがあって、中高年のトレーニング回復など各自の状況での参考度が低く感じた。トレーニングと言っても色んなスポーツがあるし、逆に歩キングのように日常生活に近い運動もある。なので、ガッテン!のような健康番組というかバラエティ番組で取り上げてくれると良いな~とか思った。述べた「シニアプロテイン」みたいなのもあるので、摂取を検討したほうが良いとか、○○と一緒の摂取が良いといった情報も参考になるのにと感じた。

 

©2005-2020 ほんだ事務所(honda-jimusyo) All rights reserved.